熟年離婚の原因 NO1は?

  • 2014-3-20

FR187_L最近あまり話題に上らなくなった「熟年離婚」。

 

当たり前になってきたのか、わかりませんが、
同居年数35年以上の方の離婚は昔に比べ
やはり少なくありません。

 

では、どういうことが熟年離婚の原因となるのでしょうか?

 

そのトップ10をみてみました。

(妻の立場から見た)離婚の理由 第1~10位
第1位 「夫が家事を手伝わない」
第2位 「暴言」
第3位 「甲斐がない」
第4位 「夫の浮気」
第5位 「酒癖が悪い」
第6位 「夫の暴力」
第7位 「借金」
第8位 「夫の親の介護への不安」
第9位 「会話がない」
第10位 「夫以外に好きな人ができた」

(引用:翔年社発行の「熟年離婚の理由100の理由」より)

 

「夫の浮気」とか「酒癖」「借金」「暴力」
とかおまけに
「夫以外に好きな人ができた」

 

これはもう仕方ないことですよね。

 

しかし、1位の「家事を手伝わない」とか「暴言」「会話がない」とか。

 

夫婦間のコミュニケーションが問題となっているものも
少なくないということです。
これってお互いへの思いやり、配慮がかけているところから
来ていると思うんですよね。

 

きっと家事を手伝わないことが問題なんじゃないと思います。

家事をやっている自分への思いやりや感謝がない

ということが引き金となっているように見えます。

 

つまり・・・・

感謝の気持ちは言いすぎるほどいわないと、
女性には伝わらないということなんですよね。

 

ドキッとされた男性の皆さん、
言葉にするのが恥ずかしければ、
メールの文章にでも

「今日は飲んで帰るよ。いつもありがとう」

最後に付け加えてみてはいかがでしょうか?

 

 

また、5月の母の日は是非しっかりと感謝を伝えるプレゼント贈ってくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る