断捨離って「捨てること」だけだと思っていませんか?

  • 2014-2-22

年末年始は断捨離!
春のお片付けで断捨離!

・・・と

 

モノを思い切って捨てることを断捨離だと認識している方が
多いように思われます。

しかし、断捨離はそんなに軽いものではありません・・・。

 

0220seminar

先日アークロスで、ギフトクリエイターの今本待喜子さんによる
「忙しい女性のための断捨離入門セミナー
~断捨離上手で“忙しい”からサヨナラしよう!」

というセミナーを開催いたしました。

これがとっても好評で以下のような言葉を頂きました。

 

====

●断捨離の深さに「モノってなんだろう?」「自分の執着ってなんだろう?」と考えさせられました

●自分と向き合う(単にモノを捨てることではない)ことが大切だと学びました

●断捨離って家の中のお片づけのことだと思っていたので、
「意識のトレーニング」をするものというのが興味深かったです。
「こういう変化が期待できるんじゃないか?」と考えるのが楽しかったです!

===

 

そうなんです。断捨離とは

断:断つ (余計なものを手に入れない)
捨:捨てる (今の自分にとって不要・不適・不快なものを手放す)
離:「捨」と「断」の繰り返しでゆとりな空間が生まれ、
  モノへの執着がなくなり、「ご機嫌」な状態になる。

そう、つまりは

 

モノの片付けを通して自分を知り、
心の混沌を整理して人生を快適にする「行動技術」なんです

 

奥が深いですね。

参加された方はすっかりその奥深さにはまりました。

【皆様の声】

≪面白かったところ・良かったところはどこですか?≫
断捨離は「時間・空間・エネルギー」を取り戻すのがゴールだということ
なりたい自分になるためには断捨離する必要があると考えていたが、そのように分解して
考えたことがなかったので

≪面白かったところ・良かったところはどこですか?≫
子どもへのアプローチメソッドがわかった!
「要・適・快」と「次の人への思いやり・使いやすさ」

そのほかのセミナー参加者の声はこちらです。

 

アークロスではそんな断捨離が人生の指針となることについて
今本さんにお話頂きました。

 

そして今本さんのこんな断捨離論がプレゼントになっています。

ちょっと気軽なメール講座からコーチングプログラムまで。

なんだかすっきりしないな~と時間やモノに追われている友人に
こんな素敵なプレゼントはいかがでしょうか?

是非断捨離の素晴らしい気付きを多くの方にシェアしたいです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る