物語やメッセージのある器 美命mikoto -佐々木明美さん-

  • 2013-9-5

ご挨拶

DSC08062食べ物は私たちの命の源、それを盛りつける器は命の入れ物。そんなことから、美命mikotoという名前をつけました。美命で扱っている器は、手づくりの器(陶器)と型づくりの器(磁器)の2種類。「願いや祈り」を込めた牡丹や菊などの吉祥文を大胆に描いているのが特徴で、これまで、日々の暮らしを大切にしている美しくすてきな女性たちに支持をいただいています。ここでは、マイちょこ、マイプレートとして普段使していただきたいちょっと贅沢な「手づくりの器」と、赤と金のおめでたい色で、結婚お祝いにもぴったりな「型づくりの器」を揃えております。

ギフトクリエイターからのメッセージ

はじめまして。店長の佐々木明美です。私の趣味は大好きな友人たちを招いての宴(ホームパーティ)。器が好きになったのは、そんな趣味がおおいに関係しています。そして、長年編集の仕事をしていた私が器をつくるようになったのは、本や雑誌をつくる方法で器をつくることができると知ったから。「こんな形の器(生地)をつくって欲しい」と窯元さんに、「こんな意味を持つ絵を書いてほしい」と絵師に依頼して形にしていく……。このような方法で美命の器はつくられています。

美命の器に描かれているモチーフは、牡丹、菊、松竹梅、月……といった吉祥文。かつての日本人は、器をはじめとする日々使う道具の柄、着物の柄ひとつひとつに、願いや祈りを込めていました。美命の器にも、そんな願いや祈りが込められています。美命は、“日本の心”“日本の美”を表現することを目指した器を媒介にして、毎日の暮らしのなかに“日本のすてき文化”を継承していきたいと思っています。自分へのごほうび、大切な方への贈り物に、美命の器をお選びいただけたらうれしいです。

美命は、修理を承っております

 

安心してお求めいただきたい、末永くご愛用いただきたいとの思いから、修理は、美命が大切にしているサービスのひとつです。

 

■金や銀のはがれ・・・塗り直して焼き直し

「手づくりの器(陶器)」のほとんどに、金や銀が施されています。しっかり焼き付けているとはいえ、金属と陶器ですから、長年使っている間に、はがれてしまこともあります。万が一はがれてしまったときは、可能な限り、無償で修理いたします。現物をお送りください。ただし、何度も窯に入れると、銀の周辺に黄ばみが出ることもございます。また、はがれの状況によっては、修理でいない場合もございます。

 

■欠けや割れ・・・錫粉や漆で接着

「手づくりの器(陶器)」、「型づくりの器(磁器)」いずれも、欠けたり割れたりした場合は、提携している職人さんに修理を依頼します。修理代金は有料です。破損状況によって、修理可能の有無、修理代金は異なりますが、費用の目安は以下を参考にしてください。

 真鍮粉、錫粉、漆仕上げetc・・・1000円〜3000円前後

 金、銀消粉仕上げ・・・2000円〜3500円前後

 金、銀粉仕上げ・・・2500〜5000円前後

職人さんからあがってきたお見積もりをご覧いただき、その上で、修理の有無、方法をお決めいただきます。

ご案内

ギフト・ラッピングは、赤いハートのプチプチ

th_IMG_1651

商品と箱をくるむのは、包装紙ではなく、赤いハート模様のプチプチ。資源の無駄をなくすため、商品をより安全にくるむためです。リボンはこの上からかけます。

このプチプチは、再生原料でできた、地球にやさしいエコマーク認定のものです。配送する時は、できる限り段ボールを使わず、さらにこの上から透明のプチプチでくるみ、「われもの」シールを貼ってお届けします。数量や大きさなどによっては、段ボールに入れて配送する場合もございます。

のしに必要な項目は手書きで

のしも、赤いプチプチの上から。「寿」「内祝い」や送り主様のお名前など、のしに必要な項目は、こちらで手書きにてお書きします。オーダーの際、詳細を明記くださいませ。

th_IMG_1653

ギフトクリエイターへのインタビュー

お仕事について教えて下さい。

SSK001--3美命mikotoというブランドで、器をつくり販売しています。とはいえ私は作家ではありません。私が考えたデザインやコンセプトを元に、生地は窯元さんに、上絵は絵師に書いてもらい分業でつくっているからです。私の肩書きは美命のプロデューサー兼デザイナーです。

なぜこのお仕事をはじめ、誰(どんな悩みの方)に何を実現したいのですか?

欲しいと思える器に出会えなくなったこと、長年携わってきた編集の仕事と同じ手法で器をつくることができると知ったことがきっかけ。それなら私にもできるかも、自分が欲しいと思う器を自分でつくってしまおう、と思いはじめました。
飲むこと食べることが大好きで、日々の暮らしを大切にしている方、前向きに人生を楽しんでいる方に選ばれる器で在りたい。願いや祈りを込めた吉祥文をモチーフに描いた器を通して、日本の美、日本の心を表現したいと思っています。そのことが少しでも伝わり、“日本のすてき文化”を感じていただけたら。

どんな方がなんと言って喜ばれていますか?

th_DSC07801美命のお客さまはとにかく美人が多い! しかも明るく元気で前向き! 人生を楽しんでいる、楽しもうとしている方たちがほとんど。「美命のぐいのみでお酒を飲むのが楽しみ」「家族の世話に追われた日々の中で、美命の器を洗っている時がいちばん心がほっとする」「和と洋が融合した独特の雰囲気を持つ美命の器は、海外の友人へのおみやげにぴったり。とても喜ばれるんですよ」

~こんなメッセージをいただいています。

他とは異なる選ばれる理由はなんだと思われますか?

1)牡丹は邪気を払う、菊は不老長寿、月はツキを呼び込む、松竹梅は最強の生命力、といったように、意味のある絵柄、願いや祈り込めた吉祥文にこだわり、器に物語やメッセージがある。
2)本金や本銀をたっぷり施した大胆な構図、デザイン。
3)一切卸しをしていないため、いつでもどこでも買える器 ではないという希少性。さらに、必ず私が直接販売し、器づくりの思いや、器に込められている意味を説明するから。

大きくこの3つにこだわり大切にしているからだと思っています。

どんな方にどんな気持ちを込めてプレゼントしていただきたいですか?

th_DSC07874人との関わりを大切にしている方、あの方にこの器を贈ったらきっと喜んでいただけるはず、とその様子を想像するとワクワクしてくる……そんな方に、「感謝しています」「大切に思っています」という思いを器の絵柄にリンクさせてプレゼントしていただきたい。

プロフィール

sasakisama1964年5 月2日生まれ。辰年。8年間在籍した㈱リクルートでは、営業、編集の職務に就く。1995年に独立、フリーの編集者・ライターとして雑誌や書籍の編集、執筆に携わる。2004年1月、会社設立。翌2005年、器のオリジナルブランド・美命mikotoを立ち上げる。以降、伊勢丹、髙島屋、大丸といった百貨店や自社主催の展示会などで販売活動を展開。

名称(屋号)

美命mikoto

代表

 佐々木明美

所在地

東京都目黒区目黒本町1-7-21

URL

http://mikoto.cc

E-mail

o-akz@bk2.so-net.ne.jp

*アークロスにてご注文頂いた後、ご予約確認メールを送信いたします。

電話番号

お問い合わせ 月~金 10:00-18:00

★ご注文は24時間メールで受け付けております。

営業日

ご注文・お問い合わせなどはメール対応にて24時間受け付けております。
返信は受信後2日以内とさせていただきます。

発送・送料

ヤマト便にて、発送いたします。
記念日・誕生日の日にち指定の場合は、在庫がある場合に限り、商品発注日より4営業日後以上でご指定下さい。
指定がない場合は、ご注文より3営業日以内に発送致します。

送料はすべて商品代金に含まれております。

返品について 万一、当社に起因する商品の不良・破損等があった場合は無償でお取り替え致します。
返品に伴う商品の送料・再発送料は当社負担とさせて頂きます。お客様の過失による商品の破損等が原因となる場合、商品の交換はお受けいたしかねます。不良品の交換は、商品到着後8日以内にご連絡下さい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る